奥さんとのセックスでEDかをチェックしてみる

例を挙げれば、初めての女性とではやっぱり性的な興奮は、感じやすいものです。ですので勃起して当然とも言えます。しかし、どんな男性もいきなり勃起不全になってしまうこともあるのです。

妻とのセックスの状況も変わっていく

妻とのセックスも若い頃では、楽しくて勃起しないなんてこともないでしょう。子作りの目的やさらに性欲を満たすためといろいろなプレイにチャレンジするなんてこともあるでしょう。

しかし、子どももできてくると、すっかりと変わってきます。子どももいると、なかなかセックスに集中できないなんてことになってきます。また、妻が子育てに疲れていたり、さらにセックスへの興味がうすれたりなど、男性が求めても応じないことも増えてくるでしょう。

そんなことが続くと以外にも簡単にセックスレスになることもあります。また、男性が他の女性とセックスをしてしまったりもあります。子どもができると、セックスをする状況も変わります。

そんなときに妻とセックスをする場合には、EDかのチェックにもなります。EDは、実は男性の自慰行為では特に問題がなかったり、他の女性とでは問題ないことが多いです。

ところが妻になると、勃起するまで時間がかかったり、中折れすることが増えてきたらまずは怪しいです。中折れしやすくなるのもEDと考えられているからです。

もちろん、勃起しないのはEDとなります。やはりその回数が多いかどうかチェックしましょう。あと、射精まで固さもチェックしましょう。柔らかくなって射精してしまうのも怪しいです。

なお、間隔が短いとやはり参考にはならないし、また疲れやストレスが強いときにセックスをしても三項にはなりません。必ずある程度は体調を整えてセックスをしましょう。

また変わったプレイをしてうまくいっても、やはり参考にはならなかったりします。ある程度はノーマルで普段通りのセックスをして、チェックしましょう。

今回は無事に終わっても、次回は勃起不全になることもあります。30代になったり、また結婚生活が長くなってきたと思ったらチェックしておくことも必要でしょう。早期の異変に気づくことが、EDの回復を早めることにも繋がっていくのです。