妻だけEDの場合にはスキンシップからはじめよう

他の女性とセックスできるのに、妻とだけセックスできない、勃起不全になってしまう男性が増えてもいます。しかし、それをEDと思わずにそのうち治るだろうと安易に考えている男性も少なくはありません。

妻とだけEDになってしまうケースも今では珍しくなく、それで病院やクリニックを訪れる男性もいます。そこで初めてEDなんだと気づく男性もいるのです。そうなってしまった理由としては、自然にセックスレスになってしまい、そこから妻には性的な興奮を感じなくなったなんてこともあります。

この場合には、いきなりセックスをしようとしてもなかなか、うまくいかなかったりします。1つとしては、まずは添い寝や手をつないでねるなど、肌を近づけるといったスキンシップをしてみるといいでしょう。実際に解消した体験談でもスキンシップを増やしたと言う例もあります。

あと、お風呂に一緒に入ったり、また女性が下着姿を見せたりするなどして、昔のように徐々に性的な興奮をしてもらうように工夫をしてみましょう。

子供がいるならば、あえていないタイミングを狙ってセックスにチャレンジするなんて手もあります。短い時間にいけるかというドキドキ感が逆に性的な興奮をしてしまうなんてことに繋がったりします。

このようなスキンシップや工夫をすれば、解決に向かうかもしれません。

妻にだけEDをするのも、残念なことですが、実はその原因が男性が他の女性とセックスをしていた、浮気をしていたから起こるなんてケースもあります。また妻に隠れて風俗に通っていたなんてケースもあります。後ろめたさから、心理的なプレッシャーをへて、勃起不全になることもあります。

さらに妻に隠れてオナニーを頻繁にしていて、いざ妻とのときには勃起しないこともあるのです。妻に原因があるというのでもなく、さらに仕事やストレスと言うよりも自分の行いなので、ある意味たちが悪いのです。こんな場合には、妻には相談できません。自分の行動を改めるしかありません。

妻だけEDの場合には、バイアグラなどのED治療薬もいいのですが、まずは妻とのスキンシップなど試してみる価値はありそうです。男性も妻をもう一度、女性としてみることがきっかけになっていくのでしょう。